助成金コラム 2018.02.23

助成金と補助金の違い

助成金と補助金、どちらも国や公的機関、各種団体から支給されるお金なのですが、どのような点で違うのでしょうか。

助成金は主として厚生労働省管轄の助成金制度を指します。
現在のトレンドとしては「働き方改革」に連動した「両立支援等助成金」や「職場意識改善助成金」があります。

補助金は厚生労働省以外の団体が担当しています。

たとえば経済産業省の補助金は、研究開発、技術革新、地域振興に関する取り組みに対して支給されます。事業規模が大きく、支給要件のハードルが高いものが多いです。
最近の補助金をあげると「平成30年度地方皮革産業振興対策事業費補助金」や「クリエイターを中心としたグローバルコンテンツエコシステム創出事業費補助金」があります。

中小企業庁管轄の補助金には創業支援や事業持続の補助金などがあります。日本商工会議所から案内されているものが多いのが特徴です。

補助金と比較すると、助成金は事業主や事業所に対して経営活動を支援するものとなっています。

そして基本的に助成金は中小企業に対して手厚い内容となっています。実際に中小企業や小規模事業所しか受給できない助成金もあります。
中小企業の規模要件は公開されていますので、ご自身の事業所がどのくらいになるのかチェックしてみてくださいね。

もしわからないことがあれば専門家である社労士に相談してください。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ