助成金コラム 2018.03.01

厚生労働省が扱っている助成金

助成金は主に厚生労働省が扱っているものなのですが、どんな助成金があるのかを把握されている事業主さんは少ないです。
現在(2018年2月)申請できる助成金を見ていきましょう。(※以下がすべてではありません)

<事業主のための雇用関係助成金>
主な助成金はこの分野となります。内訳は以下のとおりです。雇用された従業員に対する色々な取り組みに対して助成金を申請・受給することができます。

1. 従業員の雇用維持を図る場合の助成金
2. 離職者の円滑な労働移動を図る場合の助成金
3. 従業員を新たに雇い入れる場合の助成金
4. 障碍者等の雇用環境整備関係の助成金
5. 雇用環境の整備関係の助成金
6. 仕事と家庭の両立に取り組む場合の助成金
7. キャリアアップ・人材育成関係の助成金
8. 労働時間・賃金・健康確保・勤労者福祉関係の助成金

<業務改善助成金>
業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援するための助成金です。申請要件は以下の通りです。

1. 生産性向上のための設備投資
2. 事業所内最低賃金を一定額以上引き上げる
この2つを満たせば、設備投資にかかった費用の一部が助成されます。

<産業保健関係助成金>
事業者が雇用する従業員の健康管理・健康教育・その他健康に関する業務を支援する産業保健活動に対しての助成金です。現在は以下の4つがあります。

1. ストレスチェック助成金
2. 職場環境改善計画助成金
3. 心の健康づくり計画助成金
4. 小規模事業場産業医活動助成金

助成金の名前だけを見ても、どういった内容でどんな取り組みをすれば助成金がもらえるのかがわかりにくいかもしれません。次回からはひとつづつ取り上げてご紹介していきます。

ご自身の事業所に合った助成金の相談は専門家の社会保険労務士までお願いいたします。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ