助成金コラム 2018.03.17

労働移動支援助成金(再就職支援コース)とは

28514648_1979608022357617_6490150195263142320_o

今回は事業主さまに知っていただきたい助成金についてご紹介しています。

前回は事業縮小に伴って、従業員を解雇しないで乗り切るための助成金について触れましたが、今回はやむをえず従業員が離職することになった場合です。

今回取り上げるのは「労働移動支援助成金」です。この助成金は5種類あります。最初に「再就職支援コース」についてご紹介します。

やむをえず従業員を解雇することになった時
①就職支援事業者に離職者の就職支援を委託した場合
②離職する労働者に対し就職活動のための休暇を与えた場合
③離職する労働者の再就職のための訓練を教育訓練施設等に委託した場合、
の3パターンに事業主や支給対象措置の条件を満たしていた場合に適用されます。

つまり①はある程度の人数が離職することが決まっている場合に、民間の職業紹介事業者(転職サービス会社など)に入っていただいて、教育訓練やグループワークなどの再就職支援活動を行うケース、②は離職することが決まっている人にハローワーク等で求職活動するための休暇を付与するケース、③は離職することが決まっている人に対して、所定の教育訓練施設(職業訓練校や指定の専門学校など)に委託して教育訓練を受講してもらうケース、となります。

この助成金を申請するときには、離職される労働者がどのような支援を受けて再就職を目指すのかをプランニングしなければなりません。「再就職援助計画」または「求職活動支援書」というものを作成します。

また対象要件の事業主の事業規模などが定められています。詳しくは専門家である社会保険労務士に相談してみてください。

離職される従業員に対して誠意をもって対応する、その気持ちを伝えるために取り入れるというスタンスが大切ですね。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ