社労士コラム 2018.03.21

社労士に独学で合格するための勉強法

28471345_1979606012357818_6183298281261867670_n

クラシコは社労士事務所です。社労士は、各種保険や年金の手続きや、給与計算などを行ってくれる人事と労務のエキスパートです。

試験の難易度は、数パーセントから10パーセントほどと、とても低いので、難関な資格のひとつですが、独学で合格することは可能なのでしょうか。それとも、資格学校に通ったりした方が良いのでしょうか。

結論から言うと、正しい勉強法で行えば、社労士国家試験に合格することも夢ではありません。では、どんな勉強法が良いのでしょうか。逆にどんな勉強法をしてしまうと、いけないのでしょうか。

まず、社労士になるための国家試験は、毎年8月の第4日曜日に行われる頃から、逆算して勉強を開始する時期を決める必要があります。大手資格学校では、合格に向けて、だいたい10ヶ月を目安にプログラムを組んでいますので、逆算して10月か11月に勉強を開始するのが望ましいです。

勉強法ですが、まずはしっかりとテキストを読み込むことが必要です。テキストの内容が、頭に入ってきたなと感じたら、過去問に取り組んでみてください。そして、どこをどう間違えてしまったのか確認するために、再度テキストを読む必要があります。

地道な作業ですが、インプットとアウトプットのために欠かせない作業です。
そして、勉強はたとえ1日に1時間しか取れなかったとしても、毎日続けることが望ましいです。本来ならば、2時間程度必要ですが、すでに社会人の方などは大変忙しいと思いますので、すきま時間に暗記できるよう、テキストを持ち運ぶと良いでしょう。

だいたいですが、1ヶ月に2科目くらいを勉強できるように計画立てるとうまくいきます。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ