助成金コラム 2018.03.25

労働移動支援助成金(早期雇い入れコース)とは

29512338_1989893604662392_3798671472621256704_o

今回は、事業主さまに知っていただきたい助成金についてご紹介します。

「労働移動支援助成金」には5つのコースがあります。
今回取り上げる「早期雇い入れコース」の案内を見てみましょう。厚生労働省の該当ページには以下のように記載してあります。
—————————————————————
再就職援助計画などの対象者を離職後3か月以内に期間の定めのない労働者として雇い入れ、継続して雇用することが確実である事業主に対して助成します。
—————————————————————

「再就職支援コース」では自社をやむをえず離職することになった労働者に対して再就職支援したときに助成金が利用できるものでした。こちらの「早期雇い入れコース」にある「再就職援助計画などの対象者」とは、他所を離職した労働者を指します。

ここで助成金の対象となる方の条件は
①前職を離職する際に「再就職援助計画」もしくは「求職活動支援書」の対象者になっていること
②前職の事業所に復帰する見込みがないこと
③前職を離職して3ヶ月以内に、期間の定めのない労働者として雇用されること
の3つが必要です。

また「期間の定めのない労働者」とは、正社員でなくても良いのですが、雇用保険の被保険者もしくは高年齢被保険者に該当していることが必要です。
つまり雇用保険の適用条件である「1週間の所定労働時間が20時間以上」を満たしている労働者として雇い入れる必要があります。

有期契約の雇用や派遣契約の雇用は、途中で無期雇用に転換しても助成金の対象にならないので注意してください。

詳しくは専門家である社会保険労務士に相談してみてくださいね。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ