助成金コラム 2018.08.22

トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース・障害者短時間トライアルコース)とは

今回は事業主さまに知っていただきたい助成金についてご紹介しています。

「障害者雇用促進法」に基づき、事業所で一定の割合で障害者を雇い入れることと定められています。しかし、障害のある方の特性合わせた労働環境や職業訓練など、投資も必要になってきます。

そこで障害者をトライアル雇用し、障害者を原則3か月間試行雇用することで、適性や能力を見極め、その後継続的に雇用することを支援する制度です。障害者雇用への不安を解消することが雇用促進へつながる制度とも言えます。

障害者トライアル雇用の対象者は以下の要件のいずれかを満たした方になります。
①紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望している
②紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している
③紹介日の前日時点で、離職している期間が6か月を超えている
④重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者

また、精神障害者や発達障害者で、週20時間以上の就業時間での勤務が難しい人を雇用する場合、トライアル雇用期間中に20時間以上の就労を目指す「障害者短時間トライアル雇用」制度もあります。

支給対象になる事業所には条件があります。詳しいことは専門家である社会保険労務士に相談してみてくださいね。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ