社労士コラム 2018.08.26

お客が絶えない社労士の特徴

社会保険労務士、通称「社労士」は会社印の給与計算や労務、総務などに特化した専門職です。

社労士の国家試験に受かる人数はとても限られているにもかかわらず、「社労士は儲からない」「お客が来ない」と嘆いているところもあるようです。しかし、実際にはやるべきことをやっていないため、儲からなかったり、お客様が獲得できない状況にあると考えられます。社労士として、どうすればお客が絶えなくなるのかを、再度検討してみましょう。

社労士は、決してデスクワークだけではありません。
お客様のところへ出向いて、コンサルティング業務を行ったり、様々な相談に乗ったりと、色々多忙です。

デキる社労士は、コンサルティングが得意だとも言えます。
お客様が抱えている問題を解決するために、熱心に話を聞くことができます。そうすると、「あそこの社労士はよく話を聞いてくれて助かるよ」などと、評判がいろいろなところへ伝わります。口コミというのは、案外侮れませんので、営業活動の一環としてあちこちの相談に乗るのは良いことだと思います。

そして、ホームページやブログの更新も欠かせません。
常にお客様は、最新の情報を得ようとしているので、新しい記事を更新していくのはとても重要です。法改正などについて詳しい社労士さんに、相談したほうが安心できると思われるでしょう。そんな社労士の元には、新規のお客様が絶えません。社労士として生きていく上で、常に法律に明るくなければいけません。

熱心な姿勢をとっている社労士事務所には、お客様が絶えることなく続くことでしょう。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ