働き方改革コラム 2018.08.28

えるぼし認定を受けるメリットは?

前回は、女性活躍推進法の概要をご紹介しました。
国・地方公共団体、301人以上の大企業は、女性の活躍に関する自社の課題分析や行動計画の策定、情報の公表等を行わなければなりません。

一般事業主行動計画の策定、届出を行った事業主のうち、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な事業主は、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく認定表示、通称「えるぼし認定」です。

認定マークには、「L」が配されているのですが、これはエレガントに力強く活躍する女性をイメージしたものだそうです。また、「えるぼし」の愛称は公募で選ばれました。様々な企業や社会の中で活躍し、星のように輝く女性への「エール」と、そんな輝く女性が増えていくようにとの願いを込めて「えるぼし」とされたそうです。

えるぼし認定を受けるメリットは大きく2つあります。
●認定を受けた事業主は、えるぼしマークを商品や広告、名刺、求人票などに使用することができ、女性活躍推進事業主であることをPRし、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等につながることが期待できます。
●えるぼし認定企業は、公共調達で有利になります。各府省等が総合評価落札方式又は企画競争による調達によって公共調達を実施する場合は、えるぼし認定企業などを加点評価するよう定められています。

認定の段階やその評価項目については、次回取り上げたいと思います。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ