助成金コラム 2018.08.30

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)とは

今回は事業主さまに知っていただきたい助成金についてご紹介しています。

平成30年度の助成金見直しの際、大きく変更があったものに「建設労働者確保育成助成金」があります。

近年、建設業の人材不足や技術継承が課題になっています。そこで国が、建設労働者の雇用の改善や職業訓練なと?を実施する建設事業主や建設事業主団体に対して、経費や賃金の一部を助成する制度を作りました。

これまでは「建設労働者確保助成金」として一つにまとまっていましたが、平成30年度から「トライアル雇用助成金」「人材確保等支援助成金」「人材開発支援助成金」の3つの分野に分散されました。

「若年・女性建設労働者トライアルコース」は、中小建設事業主が若年者又は女性を建設技能労働者等として一定期間試行雇用することで受給することができる助成金です。

建設業の作業現場は3K(きつい、汚い、危険)労働として若年者や女性が選択肢から外してしまうことが多いのですが、労働環境の改善や設備の充実、また経験年数を積むことによって培われる技術という点では自分の仕事に誇りを持って取り組める分野ともいえます。

ぜひ「トライアル雇用助成金」を活用して、良いご縁を繋いでいただきたいですね。

支給対象になる事業所には条件があります。詳しいことは専門家である社会保険労務士に相談してみてくださいね。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ