働き方改革コラム 2018.09.03

えるぼし認定<認定の段階とその評価項目>

女性活躍推進法に基づき一般事業主行動計画の策定、届出を行った事業主のうち、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な事業主は、厚生労働大臣により「えるぼし認定」を受けることができます。

えるぼし認定を受けるには、次の5項目のうち、1つ以上の基準を満たす必要があります。えるぼし認定には3段階のステップがあり、評価項目を1つまたは2つ満たす場合は「星1つのえるぼし認定」、3つまたは4つ満たす場合は「星2つのえるぼし認定」、5つ全てを満たす場合には「星3つのえるぼし認定」となっています。

①採用
採用時に男女別の競争倍率が同程度であること(女性の競争倍率×0.8が男性の競争倍率より低いこと)

②継続就業
男女間の平均勤続年数が同程度である、または10年前に採用された労働者のうち継続して雇用されているものの割合が男女間で同程度であること

③労働時間等の働き方
労働者の法定時間外労働及び法定休日労働時間の合計時間数の平均が、各月ごとに全て45時間未満であること

④管理職比率
女性の管理職に占める割合が産業ごとの平均値以上であること、もしくは直近3年で課長級に昇進した労働者の割合が男女間で同程度であること

⑤多彩なキャリアコース
以下について大企業は2項目以上(非正社員がいる場合は必ずAを含むこと)、中小企業は1項目以上の実績があること
A 女性の非正社員から正社員への転換
B 女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換
C 過去に在籍した女性の正社員としての再雇用
D おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用

採用については数ではなく採用率ですし、多彩なキャリアコースはすべてに該当する必要がなく、意識して取り組めばクリアできそうな項目も多いのではないかと思われます。女性の活躍しやすい環境を整えるとともに、えるぼし認定を目指してみてはいかがでしょうか。企業イメージのアップや公共調達における加点評価のメリットも大きいものです。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ