労務コラム 2018.12.28

半日休暇は必要?

半日休暇、導入されていますか?

御社には、半日休暇はございますか?
ご存知の通り、半日休暇とは略して半休と呼ばれ、午前或いは午後を半日お休みにするというもの。

労働基準法で定められた有給制度は、休養が目的とし1日単位が基本とされており、半休制度は必ずしも導入しないといけないものではありません。

使用者側からすると、有給管理が煩雑になり管理が難しいというデメリットがありますが、労働者側からすると、通院や役所に行くなど、一日は必要でない用事を済ませるのに合理的に有給を使えるメリットがあるもの。労使が合意した場合、就業規則に定め半休制度を設けることが出来ます。

但し、労働者が希望がないのに遅刻や早退を半休で消化させる、半休を有給1日消化とする、「半日」の時間の配分が午前午後で合理的に公平でない、といったものは、定めることが出来ません。

半日休暇でもしっかりした整備は必要です

2017年1月より、介護休暇や子供の看護休暇の場合、半日単位での休暇取得の制度導入が義務化されました。
現在は有給、無休は職場ごとに任せられていますが、これから取得者が増える可能性も踏まえ、整備が必要な分野となります。

半休制度の導入や運用、また就労規則に関してのご相談がございましたら、労務の専門家である弊所にお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
労務手続きは、私たちにお任せください
労務手続きは、私たちにお任せください
ページ先頭へ