助成金コラム 2019.01.24

人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)とは

介護福祉機器を導入することで得る助成金

介護福祉機器助成コースとは、介護福祉事業所において、介護福祉機器を導入することによって現場で働く介護労働者の負担を減らし、介護離職率を減らすことを目的とした助成制度です。
それだけ介護現場の労働が心身ともに大変な仕事で、出来るだけ労働者の負担を軽減することで、止むを得ず仕事を辞める状況を改善しようというものです。

導入する援助に

導入する介護福祉機器は所定の条件を満たし、1品10万円以上かかるものが対象となります。
1.移動・昇降用リフト
2.装着型移乗介助機器
3.自動車用車いすリフト
4.エアーマット
5.特殊浴槽
6.ストレッチャー(入浴用に使用するもの)
また、雇用管理責任者を選任していることが条件となります。

対象となる介護事業主は介護保険法、障害者総合支援法、児童福祉法などで定められる事業所となります。

詳しいことは専門家である社会保険労務士に相談してみてくださいね。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
労務手続きは、私たちにお任せください
労務手続きは、私たちにお任せください
ページ先頭へ