労務コラム 2019.11.15

会社における労務管理の現状と問題

従業員の不満を表す要因「衛生要因」とは

はじめに、下記のような従業員の不満となりえる要因を「衛生要因」といいます。

・会社方針
・職場環境
・給与
・対人関係
(その他、有給休暇・残業時間など)

全て会社の根幹である労務管理の部分です。ここが法律に基づきしっかり管理されているかで、従業員が安心して働くことができ、安心して入社することができます。ただし、管理がしっかりしていても、それで従業員が満足感を覚えることはありません。

労務管理は「しっかりしていて当たり前」とみなされるわけです。従業員にとって「衛生要因」にあたる上記の項目は、会社に対しての信頼に繋がり、その信頼を守り維持することが、従業員に長く働いてもらえるポイントになります。

会社における労務管理の改善の難しさ


「しっかりしていて当たり前」 これって・・労務管理を担当する部署はかなりのプレッシャーです。一度のミスが会社に対する従業員の心証を大きく損ねてしまうことは避けられないでしょう。

労務に関する法も年々改正される今の時代。労務管理を担当する部署も積極的に情報を入手し自社の改善に生かさなければなりません。

ところが、改善を図ろうにも以下の問題が浮き上がります。
・労務管理はどの会社でも非常にレベルの高い社外秘扱い。
・他社の優れた労務管理手法を取り入れて自社に生かすことも非常に困難。
・そもそも何からすればいいのか分からない。
・自社の人事労務の何が課題なのか分からない。

こういった状況に大きな役割を果たすのが社会保険労務士なのです。
思いあたる悩みを少しでもお持ちのご担当者様は、弊所にお気軽にご相談ください。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ