労務コラム 2019.11.25

社会保険労務士による労務管理の健康診断とは?

労務管理のトラブルは、従業員の退職に直結する

これだけ人手不足が騒がれている昨今、従業員の退職はどの会社にとっても大変大きな痛手ですよね。衛生要因である労務管理のトラブルは、従業員の会社に対する大きな不満に直結すると言われています。従業員がなんの不満も不安もなく、業務に集中できる環境作りを心がける必要があります。

つまり、労務管理は「従業員に安心して勤めていただくための最低条件」ということになり、どの会社でも最重要業務と言って間違い無いでしょう。
だからこそ、社会保険労務士による労務管理の健康診断は必ず実施すべきだと考えます。

労務管理の健康診断


社会保険労務士による労務管理の健康診断とは一体どんな目的なのでしょう。この診断を行うことで、以下の結果を出すことができます。

・会社が抱える労務管理の課題を明確にする
・明確になった課題の改善策を検討、実践する

私たちクラシコはこの健康診断の目的をより手軽に、より安価に、より確実に達成させる手段を持っています。それを実現するのが弊所の新しいサービス「SUKSUK労務監査」です。

この「SUKSUK労務監査」の診断結果に基づき、社会保険労務士による的確なアドバイスで、トラブルが起きる前に改善に取り組んでいただくことができるのです。

こちらの新サービスに関しての詳細は、弊所にお気軽にお問い合わせください。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
 
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
労務手続きは、私たちにお任せください
労務手続きは、私たちにお任せください
ページ先頭へ