労務コラム 2019.12.19

人手不足を解消する重要なキーワード

会社は従業員で成り立っている

幅広い業種や職種で人手不足が叫ばれる中、「優秀な人材を確保できない」「人材が育つ前に辞めてしまう」などの悩みを抱える経営者・人事担当者も多いのではないでしょうか。

会社は、ヒト・モノ・カネの3本柱で成り立っています。その中の1つであるヒトは、実はこれまで最も疎かにされていたと言わざるを得ません。

従業員など使い捨てと言わんばかりに厳しい言葉で罵ったり、無理な残業をさせるなどの行為が常態化していた会社もありました。昨今「働き方改革」というものが提唱されて会社は従業員で成り立つということがやっと世に浸透し始めました。

さて、あなたはエンゲージメントという言葉を知っていますか?

シンプルに翻訳すると「約束や契約」といった意味になり人事労務的には「従業員の会社に対する愛着心や思い入れ」といった意味で使われます。実は、このエンゲージメントこそが、昨今の人手不足を解消する重要なキーワードとなり得るのです!

会社と従業員にある関係性の変化を知ること

「人は1人では生きていけない」と言われます。どれだけ孤独を愛する人であっても最後は人との繋がりを求めるもの。かつて人は会社に籍を置くことで人と繋がる環境を獲得していました。会社に籍を置き他の従業員との関係を醸成させ「どこかに所属していたい」という欲求を満たしていたのです。

しかし、今はネット全盛の時代。あまりにも簡単に人と繋がることが可能となった今、人と繋がる環境としての会社の役割は終わりを告げようとしています。つまり、会社と従業員との関係性は全く新しい時代を迎えようとしているのです。

今のままでは、従業員にとっての会社はただ給料をもらうためだけの存在となり、従業員をあなたの会社に留めるものは確実にもらえる毎月の給料だけ。もし経営者であるあなたが、従業員に対してただ仕事を与えているだけであるならば人手不足という問題の解決は極めて難しいでしょう。もちろん従業員に対する辛辣な態度は論外です。

これからの会社と従業員はエンゲージメントで関係の健全化を構築すべきとクラシコは考えています。

具体的にどうしていけばいいのかお悩みのご担当者様、ぜひ弊所にご相談ください。

こんなサービスもあるので、先ずは会社の現状チェックからはじめてみませんか。

『 SUKSUK労務監査 』お申し込みページ
https://suksuk-kansa.classico-sr.com/

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ