労務コラム 2019.12.23

エンゲージメントの本質

エンゲージメントと言ってもピンとこない経営者の方がほとんどです。「愛着心といっても、それは従業員が勝手に感じることだろ?」「給料を上げればいいのか?」「飲み会の回数を増やせばいいのか?」これが今の経営者の方々のエンゲージメントに対する認識です。

エンゲージメントに似ている言葉

「エンゲージメント」とは、会社に対する愛着、思い入れの強さを指します。これに混同されやすい2つの言葉があります。

1.ロイヤルティ : 従業員が持つ企業に対する忠誠度
ロイヤルティは、従業員が企業や組織に対して忠誠心を持って行動できる、いわば上下関係の結びつきです。従業員の会社への関係性に対する気持ちが重要です。

2.従業員満足度 : 従業員の待遇、職場環境、報酬に対しての満足度
従業員満足度は、従業員が企業側の取組に応じての満足度。これは、会社側が与える取組に対して従業員が持つ会社への評価です。

これら2つに対して、エンゲージメントは、会社と従業員の双方向の関与によって結びつきを強めていく点が異なります。上記のどれもが、人手不足を解消する重要なキーワードですが、一つ一つ結びつきの方向性が違います。

いくら従業員の待遇を良くしてもエンゲージメントは上がらない?

いいお給料、労働条件、環境だけでは、それを上回る他社の待遇に対してはなすすべはありません。他社と従業員を奪い合う待遇合戦を展開するわけにもいかないでしょう。
待遇面以外でも従業員をあなたの会社に留める方法を、それぞれの会社が考え実践していかなければならないのです。

また、もう一つ重要なのは、従業員が仕事に意欲を持ってやりがいを感じているか、仕事に対するモチベーションが高いかどうかも大きく影響してきます。これは従業員がどう感じるかだから…と思ってしまいがちですが、この意欲を高めれるかどうかも、会社側が施策できることがあります。

その一つは、企業が進むべき方向性を示すビジョンをしっかり持ち、従業員に伝えること。ビジョンへの共感を得られれば、従業員が勝手な方向に進んだり、何のために仕事をするのか不明瞭になったりする不安がなくなるからです。

そして、仕事に対する熱意を生み出すには、それぞれの従業員が成長を実感できる仕組みを作り、取り組む必要があるのです。エンゲージメントの本質とは、双方向の関与による互いの成長にあると言えるでしょう。

具体的にどうしていけばいいのかお悩みのご担当者様、ぜひ弊所にご相談ください。

 

【人事力向上セミナー】

2020年1月30日(木曜)開催決定!

『エンゲージメントの高い組織づくりを目指すセミナー』

~メンタル不調社員対応と社内の人間関係を良好にするために~

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ