労務コラム 2018.02.27

裁量労働制①:裁量労働制とは?

「働き方改革関連法案」は、安部政権の看板政策。
そのうちの1つ「裁量労働制」に関する厚生労働省作成の裁量労働制の不適切なデータ資料に対して指摘が相次ぎ、注目が集まっています。

裁量労働制とはどのような制度なのでしょうか?
①裁量労働制とは、そもそも何なのか?
②企業側から見た裁量労働制の注意点とは何なのか?
の全2回にわたってご説明致します。

裁量労働制とは「労働時間を実労働時間に関わらず、労使で予め決めた時間数を働いた」とみなし給与を支払う制度で、「みなし労働時間制」と呼ばれるものの一つ。
労働者の不利益となることも多い為、どの労働者に対しても適用出来るものではなく、「業務の性質上、遂行の方法を該当労働者の裁量に任せる必要のある種類の業務」に就く労働者に限り認められます。

詳しい業種・分類は割愛致しますが、①厚生労働省令で定められた専門性の高い業務や②使用者が遂行方法や時間配分を指示し難い、クリエイティブな業務が対象業務となります。
また、制度の採用には、労使協定の締結や労使協定の決議の後、行政官庁への届け出、また業務によっては行政官庁に労働時間の状況や健康等に関する処置の実施状況を定期報告の義務があります。

安部政権の「働き方改革関連法案」では、時間外労働の上限規制と共に、この裁量労働制の拡大を議論に上げています。

次回は、裁量労働制を採用した際の企業側の注意点についてお話いたします。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 10:00 〜 17:00(平日)
ページ先頭へ