労務コラム 2019.02.22

休日の会社用携帯、どう対応する?

働き方改革でも大切なこと、今一度確認しましょう

今回の話は至ってシンプルです。プライベート中に会社携帯が鳴ったらどうするか、というお話です。
こちらが休日であっても、お取引先様も休日とは限りません。もし、休み中に会社携帯に電話がかかってきた場合、社員はどう対応すればよいのでしょうか。

基本的には手当はありません

休日や帰宅後に突然会社用携帯に掛かってきた電話に対応した場合、自己判断で出たとされ、基本的に手当ては出ません。しかし、手当の有無の線引きが難しい上、その休日の電話がきっかけで問題に発展した場合責任の所存はどうするのかなど、トラブルの原因となりがちです。
休日は帰宅時には、会社用携帯を留守番電話にして持ち帰らせない。というのが一番良い方法です。

そうはいっても難しい状況も…

しかし、営業職や福祉職など、携帯電話での即時対応が必要な職種があります。どうしても、会社携帯を土日に使う必要があるのであれば、営業手当等で補填をする。
そして、内容の重大さによっては上司に相談し、会社の指揮命令の元に休日出勤という形で対応するという規則を予め決めておくことが望ましいです。

会社用携帯の運用や、スムーズな導入に関して、ご質問がございましたら、弊所までお気軽にご相談下さい。

NEW ARTICLE最新コラム

CONTACT お問い合わせ

ご相談や不明点など、気軽にお問い合わせ下さい
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
電話番号はこちら
06-4963-2970
受付時間 9:00 〜 18:00(平日)
労務手続きは、私たちにお任せください
労務手続きは、私たちにお任せください
ページ先頭へ